忘れないで!商標登録の更新

商標登録は更新を行わなければなりません。しっかりと手続きを行いましょう。 - 忘れないで!商標登録の更新

忘れないで!商標登録の更新

yjdtjydt
商標登録をすれば、商標権が永久に使うことが出来るのかといえば、そうではありません。
商標登録には、期限というものがあり、更新をしなければ、せっかく取得した商標権も無効になってしまうので、注意が必要です。
ここでは、商標登録の更新について紹介していきましょう。

商標権の存続期間は?

商標登録をした場合、商標権の存続期間は、設定された登録日から、5年、または10年になります。
5年や10年を経過すれば、そこで終了になってしまうわけです。
しかしながら、商品やサービス、会社の存続がそれ以上にならない保証はどこにもありませんね。
ですから、まだ商標権を存続させたい場合には更新をする必要があるわけです。

使用され続ける限り更新を行う

商標を使い続ける限り、やはり商標権は確保しておくというのが鉄則です。
そもそも5年や10年以上も会社が存続していたり、商品やサービスがヒットしているとなれば、それに目をつける悪徳業者なども現れてくるのは確実だからです。
そこで特許庁では、商標権の更新が出来るようにしており、更に5年や10年という区切りで権利を存続させることが可能な制度を採用しています。
商標権というのは、一部の著作物などとは違い、ある一定期間だけ独占使用の権利を与え、それを過ぎたら自由に開放し、誰でも使用することが出来るというものではありません。
ある者や企業の営業活動などによって蓄積し、「得られた信用」を守るための権利が商標権になりますから、その商標を使い続ける限りは更新を何度でも行えるようになっており、更新を続ければ、半永久的に権利を確保し続けることが出来るのです。

どのくらい前に更新をすればいいのか?

商標権の更新をしないと、同一や類似した商標の登録を他社や他人にされてしまう可能性が出てきます。
そうなった場合には、逆に権利侵害で訴えられ、損害賠償請求をされるどころか、二度と商標を取り戻すことも出来ない可能性があるので、商標権の更新は、かなり重要といえるでしょう。
そこで、いつまでに更新の申請をしなければならないのかという疑問が上がると思います。
基本的に更新の申請は、満了する日の6ヶ月前から受け付けがスタートしています。
万が一、満了日を過ぎてしまっても、以降6ヶ月間は申請を受け付けてくれますから、満了日を挟んで1年間の申請期間が用意されている状況です。

更新にかかるコストは?

更新登録料は、10年間であれば、一括の納付で4万8500円に区分数を乗じたもの。
5年分割納付の場合には、2万8300円に区分数を乗じたものになります。
この区分というのは、第一類から45類までに分けられているもので、商品についてが34類まで。
35類から45類がサービスの区分になります。
それぞれに例えば税務相談や税務代理といったものがあったり、紙箱や紙袋といったカテゴリーが決められており、登録をしようとしている商標がどのカテゴリーに属するかを決めなければならないようになっています。
該当する区分が復数ある場合には、復数の区分で申請する必要があり、区分の数だけコストが掛かって来ることになります。

まとめ

商標登録をした場合、10年間、もしくは5年間で商標権は満了となります。
そのため、10年毎に更新をする必要があり、それをしないと悪意を持った企業や他者に商標を奪われる可能性が出てきます。
申請は満了日を挟んで前後半年ずつの1年間設けられており、4万8500円に区分数を乗じたものになります。
商標を使い続ける以上は、更新をすれば半永久的に使用が可能ですから、更新は絶対にしておきましょう。

Copyright(C)2016 忘れないで!商標登録の更新 All Rights Reserved.